レザーウォレット、メディスンバッグのロルカレザー:ロングウォレット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

《Lorca style ☆ details》

20070901023146.jpg
《Lorca style ☆ details》

20070901023404.jpg【A】

20070901023823.jpg【B】

20070901024001.jpg【C】

20070901024904.jpg【D】

20070901030027.jpg【E】


=Lorca★LEATHER=

 ロルカ・レザーの拘りのほんの一部をご紹介します。
まず、最上部画像はエンブレムですが
創業から、いやッ!
おそらく結果としてそれ以前から
10代の頃からファッション、音楽、MCなどなど
に次第に深くのめり込んでから
いくつもの物を作り通した結果3年ほど前
ようやくこのデザインが生まれました。
※【A】~【D】【F】画像は、mojo type-3

【A】mojoラインの証、サークルエンブレム
mojo type-1、type-2は(黒)になります。

【B】こちらは mojo type-3 以外オプション設定、
コインスペースのまちです。
約40mm開口です。

【C・D】フリースペース下部
mojo type-1、type-2は、
紙幣、センターポケット、コインスペース下部の位置ですが
縫いで一番苦労する箇所です。
取り付けが本体に沿った『面位置配置』に対し
比較として【E】FREAKS type-1は、
『オフセット配置』になります。本体に対してずれて縫いがきくので
コインスペースは別ユニットとして先に仕上げが可能。
本体縫い付けもスムーズ
『面位置配置』は、本体に縫い付けの際に針を通すスペースが
非常に狭い為時間がかかり挫けそうになるくらい…
狭い分ミシン縫いが難しく手縫いならではの作りです。

FREAKS type-1の『オフセット配置』が簡単なんだ!
と言うわけではございません。
制作時間は短縮できる分他の始末に力を注げるのがメリット。
例えば、最終工程のこれまた大変なへり磨きに拘れます。

ロルカではその磨きにも、とある方法で延3時間~掛けます。

20070901045742.jpg【F】


【F】バッファローパッチ
ウォレットロープの接続箇所。
正面から見るとバッファローの頭部に見える事から命名。
 
各画像をご覧頂くと立体感のあるステッチ
独自開発のスクリュー製法です。
 曲線、立体感を生かしたデザインを引き立てる結果
この縫製がうまれました。
正式にはツイストと言う単語が当てはまりますが
ドーナツとか踊りとか連想しちゃいましたので
勝手にスクリューと命名です。

●スクリュー製法に関しては
 カテゴリーの>>=Lorca★LEATHER=“ concept ” をご覧下さい。
2007年09月02日 | Comments(6) | Trackback(0) | …うんちく…
コメント
Re:《Lorca style ☆ details》
毎度です。
なんなんだ一体、このクォリティの高さは・・・
お世辞抜きにスゴイ
スクリュー製法炸裂ですね。
菱目が手縫いと思えない程きれいだし、
デザインはモチロン縫製の技術で、
素材の持ち味が見事に引き出されている。

さすが・・・



道路KING URL 2007年09月01日 22:23:28 編集
Re:《Lorca style ☆ details》
路KINさま

どもです
流石!路KINさん詳しいですね~~!!
びっくりしました。
まだ伝えたい事、実はいっぱい
あるんですがまたそのうちに^^

                 mojo
mojo URL 2007年09月02日 01:36:40 編集
Re:《Lorca style ☆ details》
い~なぁ、欲しいなぁ、こんなウォレット♪
でも、値段が・・・(|||◇|||)
スンマセン。貧乏で・・・。

自分としては、バッファローパッチのディテールが気に入りました。
コレ、スゴクいいです!

庶民派(?)フリークスラインのと比べると、同じようでちょっと違うんですね~。
やはり、値段とディテールは反比例するのかな?
フリークスでコレだったら、買う・・・かも!?

ああぁぁ・・・何か冷やかしっぽい(汗。
そんなつもり無いんですよ、ホンマに。
h-neco URL 2007年09月02日 16:54:35 編集
Re:《Lorca style ☆ details》
ねこさま
 
 どうも毎度です
僕も庶民派ですよ^^
全然フリークスラインでじゅうぶんです
というか、むしろ必要にしてじゅうぶんの
スペックです。
ディテールも、クオリティーもかわりません
ただ違うのは、曲線使いの違いや、材料の分量、
縫いの量の違いで
縫いの量がだんとつに多いmojoラインは、
最後の磨きも多くなるんですね
だから、もっとシンプルにした
FREAKSラインほど工程時間を省略できたので
ロープライスが実現できたんです。
でも通常は収納のキャパが同等のものでも
スクリューかけたりは、まずなく
既に縒ってある麻糸とかナイロン糸で仕上げたり、
ミシン縫いだったりです。
なので同じプライスゾーンの物と比べても
FREAKSラインも工程に2~3倍は時間掛けてるかと思いますよ。
結果mojoラインよりFREAKSラインの
方が商品化に苦労します。
なぜならmojoラインからのフィードバックで
いかに半額近くできるかの追求ですから、
本来この相場になると
いかに量産するかに拘るんですね
でも私は、同じ価格帯でも
自分が欲しくなる物に拘りたいので!
バッファローパッチで特注もOKですよ^^

mojo URL 2007年09月02日 19:01:12 編集
Re:《Lorca style ☆ details》
丁寧なお答えありがとうゴザイマスぅ~♪
「量産と拘り」の板ばさみですね~(^_^;
クオリティを上げれば、量産は難しいし価格も・・・(汗。
でも、庶民な自分らでも「これなら!」と妥協無く、安心して手に入れることが出来る(出来そうな?)ラインナップがあるのは嬉しいです。
特注、という手が残されてるのも「個人の工房ならでわ」ですね!
h-neco URL 2007年09月02日 19:50:21 編集
Re:《Lorca style ☆ details》
ねこさん
ザッツライト!^^

新車の車や、電化製品と違って
ネットの通販は不安ですよね
いかに伝えるか?
でも、うち等の業界は伝えすぎると盗作って言う
穴にはまる可能性も懸念されるんです。
バイクや車のパーツは巾が広い世界なんで
真似ても足がつきにくいですが、
レザークラフターの世界は非常に狭いので
その点デザインなどの情報習得も容易ですが
その分直ぐにばればれです。
ちょっと話がずれましたが
この辺も、そのうち当カテゴリーの…うんちく…で
とりあげます^^

でもって…
ユーザーさんに正確な情報をって拘ると
鮮明な画像作りと説明ですね
最大限試みるつもりですが
最終的には、ユーザーの方々が「六感」で
欲しくなるようなサイトを目指します。
フランキー堺もびっくり!
つまり、サイトを見て
「あ~ロルカの財布欲しーッ!」って
実際にもし買って手にしたら
HD乗ってる姿カッケーだろうなーって
きっと町歩いてても視線くぎずけだぜベイベ!って
感じてもらえる作品作りやサイト制作ができればと!
雑誌メディアなども視野に
なんたってネームバリュー全くゼロっすから…
弱小起業っすから…

           =Lorca★LEATHER= mojo
mojo URL 2007年09月03日 00:04:56 編集

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。